ネット銀行カードローンの返済方法とは?

ネット銀行カードローンの返済方法

ネット銀行カードローンを利用する際、多くの方が心配になるのが「きちんと返済を続けていけるかどうか」ということなのではないでしょうか。お金を借りたら、きちんと滞りなく返済し続けるのは至極当然のことです。そのためには、ネット銀行カードローンにはどのような返済方法があるのかをしっかりと知っておく必要があります。ネット銀行カードローンの返済方式には、大きく分けて4つの種類があります。それぞれの方法にはメリット・デメリットがあるため、その内容をしっかりと把握して自分に合ったものを選ぶことが、無理のない返済には必要不可欠なことです。そこで、ネット銀行カードローンの返済方法について見ていきましょう。

 

まず1つ目はよく耳にする「リボルビング返済方式」です。このリボルビング返済方式は、あらかじめ毎月支払う額を決めておく返済方法で、返済の途中でも融資限度額内なら何度でも借り入れができるという特徴があります。このリボルビング返済方式には「元利定額リボルビング返済方式」と「元金定額リボルビング返済方式」の2種類があります。「元利定額リボルビング方式」は毎月の支払い金額の中に金利が含まれているもので、いくら利用しても毎月の返済額が変わらないために、家計の他の支出に影響を与えず返済できるのがメリットですが、半面利用額が大きい場合には元金がなかなか減らないために返済が長期化してしまうというデメリットがあります。また「元金定額リボルビング方式」は、あらかじめ設定した返済金額に利息分が追加される方式で、「元利定額リボルビング方式」に比べると返済額が高くなりますが、確実に元金を減らすことができるのが特徴です。

 

img

 

2つ目は利用額に応じて返済額が毎月変動する、「残高スライドリボルビング返済方式」です。この方法は細かく分けると、元利定額と元金定額、元利定率の3種類に分類することができるようになっています。「元利定額」は借入残高に応じて返済額がスライドされ、返済額の中に占める利息の割合が減っていくのが大きな特徴です。「元利定額」は借入残高に応じて利息を含まない元金の支払い分がスライドされるもので、元金の一定支払額が残高によって定額で決定されます。「元利定率」は借入残高に応じて利息を含まない元金の支払額がスライドされるもので、元金の一定支払額が残高によって低率で決定されます。

 

3つ目は「元金均等返済方式」で、毎月利息分も組み込まれた決まった額を返済していく方式で、利用額によって返済額が変わらないというメリットがあります。しかし、返済途中で新たな借り入れを行なうことができないため、追加での融資は受けられません。新たに融資を受けたい場合には、きちんと完済をしてから新たに借り入れを行なう形になります。最後の4つ目は「元金均等返済方式」で、毎月決まった額を元金の返済に充て、さらに利用額に応じた利息を上乗せして支払う方式です。元利均等返済方式に比べると支払額が多くなってしまいますが、その分毎月確実に元金を減らすことができるため、元利均等返済方式よりも返済期間を短くすることが可能です。この返済方式の場合も、返済途中で新たな借り入れを行なうことができません。

 

このようにネット銀行カードローンの返済方法には4つの方法がありますが、ネット銀行カードローンの種類によって採用されている返済方法が決められています。申し込み時には、採用されている返済方法をしっかりとチェックして、無理のない返済計画をしっかりと立てるように心がけましょう。

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行MR.カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button